五 十 歩 百 歩 意味。 百歩譲って

故事成語「五十歩百歩」の意味と使い方:例文付き

✌ たとえば5分遅刻した人が 10分遅刻した人にむかって 「10分も遅れやがったな、でへへー、 おいら5分しか遅れなかったよ、うひょひょ」 とか言って鼻水たらしながら笑っていたとしたら そりゃ 「お前だって遅れてきただろうが!」 となりますが、こういうときに 「五十歩百歩だ! どっちも似たようなものだよ」 という使い方をします。 ここでの似たようなものというのは 「どちらも同じくらい、すばらしいよ!」 という立派なことではなく 「どっちもつまらなく、くだらない、ダメなものだ…」 という、悪い意味での使い方をします。

9

五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)の意味は由来まで知ると分かりやすい

😈 誤用例 「ノーベル平和賞も、国民栄誉賞も、五十歩百歩の大きな賞である」 【類義】 一寸法師の背比べ////似たり寄ったり/ 【対義】 - 【英語】 As good twenty as nineteen. (五十歩の者も)ただ百歩でないだけだ。 あの人がまだ売ってないせいで私がもっと頑張らないといけなくなった。 填然、鼓之、兵刃既接。

20

【五十歩百歩】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

👎 【故事成語(こじせいご)】 五十歩百歩 【読み方】 ごじっぽ ひゃっぽ 【意 味】 違うように見えても、実際はほとんど変わらないこと 似たりよったりであること 【由 来】 梁(りょう)の国の恵王(けいおう)が国民のためによい政治を 行っているのに、隣の国の人口とあまり変わらず、人口が増え ないことについてその理由を孟子(もうし)にたずねた。 もう自然のせいにするのはおやめなさい」 実はこの頃、魏は他国との争いが増え、相次ぐ戦争によって民が疲弊していました。 恵王(けいおう)は、どちらも逃げたことには変わりない と答えた。

13

「一人の100歩より、百人の1歩」という名言があるそうで

😘 読み方 五十歩百歩 ごじっぽひゃっぽ 意味 両者の間にほとんど違いはなく、同じようなものであること。 50才のころ、弟子をつれて諸国を歩いてまわったが、 この孟子(もうし)の理想は受け入れられなかった。 曰く「王如し此を知らば、則ち民の隣国より多きこと望むこと無からむ。

4

五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)の意味は由来まで知ると分かりやすい

💓 2人はお互いを罵っているけど、私から見たら 五十歩百歩だ。

8

五十歩百歩

👇 【語源・由来】 中国の戦国時代に、梁の恵王が「自分は、凶作の地にいる民を豊作の地に移住させるなど、常に人民に気を配っているのに、なぜ各地から人民が集まらないのだろうかと孟子に尋ねたところ、孟子は「戦場で五十歩逃げた者が、百歩逃げた者を臆病者だと嘲笑したら、どう思うかというたとえ話をした。

6